【コスパ最強化粧水】ハトムギと無印を徹底比較!どっちがいいの?

ハトムギ 無印 比較

ハトムギと無印の高保湿タイプの化粧水ってどっちが肌に合うのかな・・・

 

「どっちが良いのかよく分かっていないけど使ってる」

「これから購入を検討している」

 

blank
しろむ
こんな疑問を解決していきます

 

この記事の内容はザックリこんな感じ

  • ハトムギと無印高保湿の使用感の違い
  • どんな肌タイプにおすすめなのか
  • 保湿成分の比較
  • 化粧水の効果
  • コスパの良さ
  • おすすめな使い方

 

各化粧水の質感の違いや成分から見た保湿力も比較していますので、この記事を読むことでどっちを使えば良いのか判断できるようになります。

 

MEMO
この記事の化粧品成分に関しては

日本オーガニックコスメ業界「化粧品成分辞典」を参考にしています

 

ハトムギと無印どっちを選べば良いの?

比較したのはドンキホーテなどでも大量に並んでいるハトムギ化粧水。見たことない人はいないですよね。

 

 

それと無印良品の化粧水(高保湿タイプ)です。

両方使用してみた使用感での選び方は下記の通り。

 

  • 乾燥肌の方には無印の化粧水(高保湿タイプ)がオススメ
  • 脂性肌、顔がテカりやすい方はハトムギ化粧水

 

2つの化粧水ですが質感が全然違いますのでアナタの肌に合わせて選ぶのが良いですね。

 

お肌の悩み別で選ぶならコレ

肌質の次は肌の悩み別で選んでいきましょう。

 

ハトムギ化粧水の良いところ

  • ハトムギエキスでシミや肌荒れ防止
  • 肌のターンオーバーを整えてくれる
  • ハトムギエキス、グリチルリチン酸でニキビ、ニキビ跡にアプローチ
  • 全ての化粧水の中でもトップクラスのコスパ

 


 

無印の高保湿タイプの良いところ

  • とにかく保湿力が凄い(乳液いらないんじゃないかと思うくらい)
  • 成分のほとんどが保湿成分
  • アラントインで炎症を抑えたり肌荒れ改善
  • 高保湿タイプの化粧水のなかではトップクラスのコスパ

 

 

お肌に悩みがあるならそれに合わせて使用してみるのも良いですね。

 

blankしろむ

悩みがない人には無条件で無印の高保湿タイプがオススメ

 

お肌には何よりも保湿が大事です

 


乾燥肌には無印(高保湿タイプ)がおすすめ

無印の高保湿タイプはなんと言っても保湿力が抜群ということです。

 

使った方がいい人

  • 乾燥肌で高保湿系の化粧水を使用している
  • 極潤などのヒアルロン酸入りの化粧水をよく使う

 

blankしろむ

大容量、コスパが良い高保湿化粧水といったイメージ

 

使ってみた化粧水の特徴は下記の通り。

 

特徴
  • 無印化粧水は保湿成分がたっぷり入ってるので乾燥肌にマッチ
  • とろみがあって伸びが良い
  • 長時間保湿効果有り(朝から夕方まで続く

 

朝の使用から夕方まで肌の乾燥によるツッパリ感が無く夕方までシットリ、悪く言うとベタつくぐらいの保湿力があります。

 

blankしろむ

テカりやすい夏はハトムギ化粧水でもいいかも

 

私は乾燥肌なので無印の高保湿タイプを使用していますが、気温の変化や季節によって使い分けるのも良いと思います。

脂性肌にはハトムギ化粧水

ハトムギと無印の化粧水は両方とも保湿成分がちゃんと入っていて保湿は出来るのですがハトムギの方が少なめです。

 

そのため感覚としてハトムギの方が肌が乾きやすいと感じると思います。

 

特徴
  • 適度に保湿力もあるがサラッとした使い心地でテカリやすい方に最適
  • 大容量なので量を気にせず使える

 

テカりやすい、脂っぽくなる脂性肌の方には使い終わりがサッパリとしたハトムギ化粧水がおすすめですね。

 

保湿力が足りない場合は2度塗りやスキンケアのやり方を変えることによってグンと保湿力も上がります。

 

スキンケアでかなり参考になった書籍を紹介しておきます。

1週間であなたの肌は変わります1週間であなたの肌は変わります【内容と口コミ】オレも変わった

ハトムギ化粧水と無印化粧水の成分比較

女性だけではなく最近では男性の人もハトムギ、無印化粧水を使用している割合が増えてきています。

 

blankしろむ

私も嫁に便乗して使ってます

 

アナタの肌には合うのか?成分ではどのような違いがあるの?

 

化粧水の成分を比較していきます。

 

MEMO
化粧品のラベルに記載されている成分は左上から含有量が多い順になっています。この比較記事では製品の表記の順番で配合量が多い順に上から並べています

ハトムギ化粧水の成分


まずはハトムギ化粧水から全成分と役割を表にしてみました。


水、DPG、BG、グリセリン 保湿剤
ハトムギエキス 抗炎症剤
グリチルリチン酸2K 抗炎症剤

(スチレン/アクリレーツ)コポリマー

増粘剤
エタノール ハトムギエキス抽出時に使用
クエン酸、クエン酸Na 緩衝材、ph安定
メチルパラベン、プロピルパラベン 防腐剤

blankしろむ

ハトムギ化粧水で注目したい成分はもちろんハトムギエキス


化粧品の中でエキスという表記は配合量が少ない表示になるのですが、商品名にもなっていますのでちゃんと配合されています。

 

ハトムギエキスの効果は?

ハトムギエキスってそもそも何?と気になる方のために説明します。


ハトムギの種子から抽出したエキスになり、昔はイボの治療薬や炎症を抑えてくれる抗炎症剤として使用されていました。

 

今では肌荒れ防止や肌のターンオーバーを整える作用があります。

 

アミノ酸も含まれているので保湿にも優れている。

無印化粧水(高保湿タイプ)の成分


 

無印化粧水はどんな成分が入っているのでしょう。

 


水、DPG、グリセリン 保湿剤
PEG-32 増粘剤、とろみ、乳化補助
ジグリセリン 保湿剤
グリコシルトレハロース 保湿剤
加水分解水添デンプン 保湿剤
ヒアルロン酸Na 保湿剤
アラントイン 抗炎症剤
グレープフルーツ種子エキス 酸化防止
ポリクオタニウムー51 ヒアルロン酸の2倍の保湿成分
スベリヒユエキス 植物エキス
BG 保湿、抗菌作用
フェノキシエタノール 防腐剤
PCAーNa 保湿力が高い保湿剤
クエン酸Na、クエン酸 緩衝材、ph安定


成分表を見て分かると思いますが保湿成分の配合量が多いですよね?

 

保湿で有名なヒアルロン酸も入っていますので保湿力はかなり高いです。

 

blankしろむ

まさに高保湿タイプの名にふさわしい成分配合

ハトムギと高保湿のコスパを比較

コスパ的にはどちらが優れているのか比較してみます。内容量と値段を比べてみましょう。

 

  ハトムギ化粧水 無印化粧水
容量 500㎖ 400㎖
価格 650円 1190円

**税別表記**

 

無印化粧水も低価格な化粧水として話題になっていますがハトムギ化粧水の方が100㎖量が多いのに価格が540円も安くなっています。

 

コスパ的にはハトムギ化粧水が勝ち

 

blankしろむ

元々ハトムギ化粧水の売りは安くてバシャバシャ使用できること

 

コスパを売りにしている商品なのでここまで大容量で低価格な商品も少ないと思います。

 

使用量を気にせずに使うことが出来ますね。

おすすめの使い方

ハトムギ化粧水と無印化粧水のオススメの使い方について紹介します。

 

  • ハトムギはコットンパック
  • ニベア缶との併用
  • 無印は伸びが良いので首、肩まで塗る

 

この使い方が話題となっています。

ハトムギはコットンパック

大容量なのでコットンに惜しみなく化粧水を染みこませて顔に貼り付けましょう。


ハトムギエキスには肌荒れを起こしにくくする役割もあるので色素沈着や気になる所に載せるのが効果的。

 

3分間程度コットンパックすることによって肌の角質層まで化粧水成分が染みこみ、乾きやすいハトムギ化粧水でも多くの保湿力が期待出来ます。

 

やり方は動画だと分かりやすいです。


 

動画で見てもハトムギ化粧水の大容量を活かした使い方になっていますね。

 

遠慮無く使えるのでコットンを十分に湿らせることが出来ます。

青いニベアを化粧水の後に使用するのも人気

ハトムギ化粧水を塗った後に顔にパックするように塗るのも人気があるようです。

 

blankしろむ

クリームはちょっと‥と言う方は保湿力高めの乳液でOK

 

ニベアは乳液とくらべるとクリームに近くて硬いので苦手な方はヒアルロン酸などの入った保湿力が高めの乳液と併用するのも良いです。

無印も大容量を活かし首、肩まで塗る

無印の高保湿タイプもハトムギ化粧水と比べるとも容量が少ないですが400㎖ありますので気兼ねなくバシャバシャ使用することが出来ます

 

顔だけでなく加齢によって心配される首周りのシワやタルミの予防にむけて化粧水を塗ることをオススメします

 

首に塗ったらそのまま肩、胸の上部辺りまでケアすると良いです。

 

blankしろむ

顔の保湿と同時に首や肩まで保湿してあげましょう

 

無印の化粧水は保湿力抜群なのでパックなどで使用しなくても十分な保湿が行えますので通常の塗り方で十分と言えます。

話題に左右されずにアナタの肌に合った方を選ぶのが良し

今でも人気の2つの化粧水ですがお肌のことを考えるならあなたの肌質にあった物を選ぶべきです

 

まとめ

  • 保湿力重視、乾燥肌なら無印
  • コスパ重視、脂性肌ならハトムギ

 

といった選び方で良いかと。

 

どちらもそこまで価格は高くなく手に入りやすい商品なので両方試すのもありです。

 

ハトムギはドラッグストアで比較的簡単に手に入りますが無印が近くに無い人はネット通販を利用しましょう。

 

化粧品だけでなくスキンケアのやり方も大切。ついでなんですがメチャクチャ参考になった書籍を紹介しておきます。

 

有名なので知っている人もいるかと思いますが男女ともに美肌レベルを上げることが出来る本ですね

 

スキンケアの見直しにどうぞ。

1週間であなたの肌は変わります1週間であなたの肌は変わります【内容と口コミ】オレも変わった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA